本心を言えば恋人が欲しいし、可能であるなら結婚したい

 

ook161104147_tp_v

独身の男女のほとんどが、自分が独身でいる原因の1つとして、出会いがないということをあげるでしょう。

 

とは言っても、ホントに最近の若い独身男女には出会いがないのでしょうか。

 

世の中、男と女しかいない訳ですから、長期にわたり全然異性との出会いや交流がないという事は、極めてありえない論理ですよね。

 

出会いがないと簡単に言っても、希望しているような異性との出会いがないというだけの独身男女も少なくないのではありませんか。

 

そうであれば、同じ目的と考えをもつ人達同士の集まり、近頃話題になっているお見合いパーティーなんて、絶好の出会いの場と言えますね。

 

婚活をすることが当然とも言えるように変化してきた現代社会、独身時代に希望通りの異性に出会える確率は、わたしが若い頃と比べてずっと高いのじゃないかなとも感じます。

 

 

結婚してからある日突然、理想の男性や女性が出現して、後悔先に立たずの言葉を身をもって実感した過去のある人もたくさんいると思います。

 

そうかと思えば、これはわたしの例なんですけれども、結婚したはずの初恋の相手が、気づかないうちに独身になった事が発覚、これもまた、後悔先に立たずの一例となってしまったようです。

 

独身の男女の中で、最も出会いを望んでいるのは、20代の独身男性なんだそうです。

 

次いで30代独身女性、それから20代のシングル女性と続きます。

 

30代のシングル男性になると、出会いがないと言いながらも、出会いを本気で求めていない人もかなりいるそうですよ。

 

これは40代の独身男女にも当てはまるパターンではありますが、ほんとに出会いを必要としないのかと言えば、それがそうとは限らないんですよね。

 

本心を言えば彼氏や彼女が欲しいし、可能であるなら結婚したい、こういった本音を持っていることは事実なのです。

 

しかし、長年独身を続けていると、段々恋愛に対する期待感が、倦怠感に転じてしまうようです。

 

中でも男性は、過去の失恋や離婚の傷を引き摺って、いつになっても本気で新しい出会いを求めようとしない人も結構いるのですよね。

 

独身女性の中にも、中々古傷を癒せない人も多くいますが、総合的に検証して、男性よりは女性の方が早く次の出会いを求めるようです。

 

独身の間に多くの出会いと別れを経験して、本当にいい出会いを見つけたとき、独身ライフにおさらばする。

 

多くの独身男女にとって、そういったやり方が理想かも知れません。

 

そうなるためには、焦らない事と拒否しない事が大切、結婚後や中高年になってから理想の異性に出会うことは、すごく気軽に出会いを求めているからだろうと私は感じます。

 

独身時代に、どうしても出会いが欲しいと考えて、必死になると、失敗する例も出てきます。

 

まあ私もバツイチだし、知った風な事は言えないのですが、ブログやサイトを読んでいると、出会いの大切さや面白さがよくわかりますね。

 

せっかく独身になったのだから、新たな出会いを存分にエンジョイしたい、そう考えて今はいろんなブログやサイトを読むようにしています。

 

それで気付いたのですが、出会いはやはり探す前に求めないといけないのですよ。

 

晩婚化や離婚率が上昇している今日では、現在、独身の男女の数は間違いなく増加していることになりますので、本当に出会いを望んでいるのであれば、きっと見つかると思いますよ。

 

そうするためにキーポイントとなるのが、自分自身の出会い感だといえるのですよ、間違いなくね。

スポンサードリンク

コメントを残す